ホーム » 楽しむ » スタッフ日記 » 製品レポート:これぞ“真の”電子ピアノ! V-Piano GRAND

製品レポート:これぞ“真の”電子ピアノ! V-Piano GRAND

V-Piano GRAND 上から鍵盤を撮影

皆さん!突然ですが「電子ピアノ」ってどうですか?
お持ちになっている方は、その音に満足していますか?

先日、ご縁あってウェルピアノのスタッフは、 ローランドの新製品の発表会にご招待いただきました。
そこで紹介された電子ピアノが、これまでと違ってちょっとスゴかった!ので、皆さんにもご紹介したいと思います。

♪“音を作りだす”電子ピアノ

V-Piano GRAND 正面から撮影

6月某日、小雨の降る中、東京代々木上原のMUSICASA(ムジカーザ)ホール(超きれい!)にて、
ローランドの「V-Piano GRAND」の製品発表会が行われました。
前半は、V-Piano GRANDの解説、後半は新進気鋭の若手ピアニスト金子三勇士さんミニコンサートの予定で始まりました。

さて、このV-Piano GRAND、これまでと根本的に何が違うかと言うと、それはズバリ「」。

これまでの電子ピアノは、アコースティックピアノの音を録音して、 それを元に音を出していた。
ところが、このV-Pianoは、録音した音なんて一切なしで、
シンセサイザーのように音をイチから作り出しているというのです。

でも、それだとやっぱりシンセっぽい音なんじゃないか? :-( と私は思いました。
が!実際に演奏を聞いてみたら まさにアコースティックの音と遜色がない。
プロのピアニストでもない私にはまったく区別がつかない。
腹に響いてくる音感は、まさに電気の音ではなく“楽器の音”だと思いましたよ! :-D

それでよくよく話を聞いてみると、そのリアルな音の理由はただ単に発音しているだけじゃなく
鍵盤が動いたときの音、ハンマーが弦をたたく音、弦の共鳴、
ピアノ中の響版やフレーム(骨組み?)との共鳴音やらナンやらを、
全て計算してシミュレートして音を作っているから。 ということらしいです。
名づけて「スーパーナチュラル音源!」というそうですが…。

♪ピアノの形すら変えてしまう!

V-Piano GRAND スピーカー部分

このV-Piano GRANDの音、もちろん外部スピーカーはなしで楽器単体で出しています。
さらに話によれば、音の鳴る仕組みをコンピュータ上でシミュレートしているおかげで、
いろいろなピアノの音を作りだすことができるそうです。

例えば、弦をすべて銀製のものにしたり(音がキラキラする)、銅の弦で全部3重巻にしてみたり(重厚な音になる)、ピアノを大きさを縦にながーくしてみた(もちろんコンピュータ上で)音だったり、ピアノの筐体の素材を変えてみたり(もちろんコン…略)と、何でもあり! 8-O な感じです。

すべて銀製の弦の音なんかは、結構プロの方々に気に入られているようです。
ウェルピアノは初心者向けのサイトですが、 皆さんからのアンケートを見ますと、
かなり上級の方やプロの方も訪れていただいていていますから、ご興味のある方も多いんじゃないでしょうか。 ;-)

♪電子ピアノなのに調律?ができる

V-Piano GRAND 横から撮影

普通、電子ピアノはアコースティックと違って、調律しないで同じ状態を保てるのがメリットですが、
V-Piano GRANDでは、弦の締め具合はもちろん、弦をたたくハンマーの固さや、各部の共鳴まで調整できるそうです。
電子ピアノなのに調律ができて、その状態を登録しておけたりもします。
古いピアノの雰囲気や、重厚なグランドピアノの音を、曲によって弾きわけてみるのも楽しそうですなー。
その前にいろいろ弾けるようにならないといかんけど… :-|

♪レポートの締め…

そんなこんなで、後半はV-Piano GRANDで金子三勇士さんの超絶な迫力演奏を楽しんでまいりました。 :lol:
いやー、圧巻でした。
金子さんはV-Pianoで自分自身の演奏を録音して、観客席で聴いてみたそうです。
“自分で弾いたピアノそのものから”自分の演奏を聴くのは新鮮な感覚だとおっしゃっていました。
こればっかりは、電子ピアノでなくてはできませんからね…。 ;-)

簡単なレポートではありましたが、皆様参考になりましたでしょうか?
これまで「電子ピアノなんてっ!」てな人も、楽器店で一度触って音を聞いてみてはいかがでしょうか?
「ついに電子ピアノもここまできたか…」とうならされるやもしれませぬぞ…。

V-Piano GRANDについてもっと詳しく知りたい方は、ローランドのウェブサイトまでどうぞ。-> V-Piano専用サイトへジャンプ

V-Piano GRAND 全体画像

V-PIano GRAND 主な仕様
鍵盤88鍵(PHAIII アイボリーフィール鍵盤)
仮想弦最大264弦(音源負荷に依存して変化)
パート数16パート
最大同時発音数128音
スピーカー30cm×1、12cm×4、5cm×3
電源AC 100V
消費電力180W
外形寸法大屋根を開いた状態:
1,485(幅)×1,505(奥行)×1,544(高さ)mm
大屋根を閉じた状態:
1,485(幅)×1,505(奥行)×939(高さ)mm
重量170kg

前:« プータンのプレゼントが無料でもらえるよ!

このページのトラックバックURL: