ホーム » 楽しむ » スタッフ日記 » ピアノの練習に意欲が湧く方法ってある?

ピアノの練習に意欲が湧く方法ってある?

「ピアノをうまく弾けるようになりたいなー」と切に願っている皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

■「ちょっと集中」と「短時間」がポイント

さて、ちょっとご紹介したい本があります。 ピアノの本ではありませんが、練習が「最近面倒だなー」と思っていた方にはヒントになるかもしれません。

その本は、脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)

という本です。

内容の一部をごく簡単に言ってしまうと、 「ちょっと集中が必要だけれども、短時間でできる作業を連続させると、
脳にほどよい興奮をもたらし、意欲がでる」
ということらしいのです。 (ご興味のある方はアマゾンで詳細をご覧ください)

これって、ピアノを弾くことにも言えることではないかと思いました。 例えば、曲の練習前に、指の動きの練習やハノンなどをやれば、 難しい曲に挑戦するパワーが出てくるのかしらと思いました。

でも実のところ、指練習やハノンは慣れてくると、どれも似た動作ですので 「ちょっと集中」する必要がなくなりますよね。 そのうち、曲の練習をする前に飽きてしまったりします(私だけでしょうか…?)。

つまり「ちょっと集中」と「短時間」の2つがそろって初めて効果があるのですね。 ということは、 「今の私にはちょっと難しいんだけども、ちょっとがんばればできるかな?」 というものが「たくさん」あればいいわけです。

この記事のページ: 1 2

前:« ピアノ演奏のためのリズム感アップの方法!Vol.1

次:» 祝 ウェルピアノのスタッフ「サンディ」君の1周年!

タグ:

このページのトラックバックURL: